欢迎来到日本通

日本通 > 日本留学 > 就业相关(就业资讯) > 日本大学生毕业工作内定录取率史上最低

日本大学生毕业工作内定录取率史上最低

2010-11-16 16:05:26 来源:    跟帖 0 字号: T / T 

文部科学省同厚生劳动省的调查显示明年春天即将毕业的大学生内定就职率(101),和前年同期相比下降了4.9个百分点仅为57.6%

自采取目前统计方法的1996年起,这是最差的情况,在不确定经济前景能否转好的迷茫中,学生的就职情况暂时非常严苛。

根据两部省的数据,大学生的内定就职率,自08年雷曼事件之后10月同期(69.9%)连续2年下降12.3%。短大生也和去年同期相比数据下降了6.5个百分点达到22.5%的历史新低。

只是,10月的内定率和最终的情况未必一致。被称为就职冰河期的9910月时的大学生内定率是63.6%,第2200041的时候却达到了91.1%,同样往年最低的03(60.2%),等到了04年数据统计结束的时候已经达到了93.1%

来春卒業予定の大学生の就職内定率(10月1日現在)は、前年同期を49ポイント下回る576%だったことが13日、文部科学省と厚生労働省の調査でわかった。

現在の方法で統計を取り始めた1996年以降、最悪で、景気の先行きが不透明な中、学生の就職事情は一段と厳しくなっている。

両省によると、大学生の内定率は、リーマンショック直後だった2008年同期(699%)から2年間で123ポイントも低下。短大生も昨年同期より65ポイント減の225%で過去最低だった。

ただ、10月時点の内定率は最終的な動向とは必ずしも一致しない。就職氷河期だった99年10月時点での大学生の内定率は636%で、翌2000年4月1日現在が911%だったが、昨年まで10月時点で過去最低だった03年(602%)は、04年に入って最終的に931%となった。

标签:
大学生就业 日本

网友都在说

我有新看法:

查看全部回复【已有0位网友发表了看法】
发表评论
网友评论仅供网友表达个人看法,并不表明本网同意其观点或证实其描述。 换一张

   日本通微信