欢迎来到日本通

日本通 > 日本经济 > 日本零售・日本餐饮 > 伊藤忠商事获得比利时新落成燃气电厂的股权

伊藤忠商事获得比利时新落成燃气电厂的股权

2011-05-19 10:21:35 来源:    跟帖 0 字号: T / T 

ベルギー・新設ガス火力発電所の権益取得について

伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡藤正広、以下「伊藤忠商事」)は、英国大手IPP1事業者International Power社 (以下「IPR社」)が保有する、ベルギーのT-Power天然ガス火力発電所(発電出力:420MW、総事業費:500億円超、以下「T-Power社」)の株式33.3%をIPR社から取得することにつき合意に至りました。

IPR社は本年2月の仏国GDF Suez Energy Internationalとの合併に伴い、欧州委員会より合併後のベルギーに於ける市場寡占を指摘され、同社が保有するT-Power社株式を2011年度中に第三者へ譲渡することが条件となり、伊藤忠商事との交渉を開始しました。その結果、伊藤忠商事のIPPに於ける実績、殊に米国100%子会社であるNAES Corporation(以下「NAES社」)による発電所の運転保守実績が高く評価されたことにより、最終的に今回の合意に至ることとなりました。

同発電所は本年6月中に商業運転を開始する予定であり、独国大手電力会社RWEグループ会社との間で長期トーリング契約(契約期間15年、5年延長オプション付)2を締結していることから、株式取得直後より安定収益が期待できます。また、買収完了後は、NAES社が同発電所の運転保守を行います。

同発電所は電力自由化を促進中のベルギーに於ける第一号IPP案件であり、伊藤忠商事にとっても欧州市場に於ける初の天然ガス火力発電所への投資となります。伊藤忠商事は、本取組を今後の欧州IPP事業展開の足掛かりとし、各種発電資産への投資機会獲得を積極的に推進することを目指します。また、同発電所が採用する天然ガス燃焼コンバインドサイクル(複合火力)発電方式※3は、他化石燃料発電と比較し環境負荷が少ないため、環境面からの取組意義も高いと考えております。

伊藤忠商事は、中期経営計画「Brand-new Deal 2012」に於いて、長期安定収益が見込めるIPP事業を重点施策分野の一つと位置付けており、これまで着実に優良資産の積上げを進めてきた北米に加え、今後は欧州、中近東、アジア等に於いても、積極的に優良IPP資産の積み上げを進めて参ります。

标签:
日本产业 伊藤忠集团有限公司

网友都在说

我有新看法:

查看全部回复【已有0位网友发表了看法】
发表评论
网友评论仅供网友表达个人看法,并不表明本网同意其观点或证实其描述。 换一张

   日本通微信