欢迎来到日本通

日本通 > 日本经济 > 日本材料・日本能源 > 信越集团调整聚氯乙烯树脂的价格

信越集团调整聚氯乙烯树脂的价格

2011-05-25 17:04:16 来源:    跟帖 0 字号: T / T 

塩化ビニル樹脂の値上げについて

信越化学工業株式会社(本社:東京、社長:森俊三)はこのほど、塩化ビニル樹脂(塩ビ)の国内向け販売価格の改定を行うことを決定いたしました。

kg当たり18円の値上げを、平成2361日納入分から実施いたします。

弊社は、今年3月に塩ビの値上げを実施いたしましたが、その後もナフサ価格はさらに上昇しており、エチレンや電力代等を始めとした原燃料価格も一段と騰勢を強めております。

弊社は、原燃料価格の上昇を吸収するため継続的にコスト低減に努めてまいりましたが、この度の上昇は企業努力の限界をはるかに超えるものとなっております。塩ビ事業の存続及び今後の安定供給を維持するためにも、今回の価格改定をお願いせざるを得ない状況となりました。

なお、弊社の国内における塩ビ樹脂の生産拠点である鹿島工場(茨城県神栖市)は、311日の震災以降操業を停止し、需要家の皆様にたいへんなご不便をおかけしましたが、震災前より保有していた原料在庫を使い、428日より一部の操業を再開いたしました。おもに特殊グレード品を生産し、すでに出荷も再開しております。

さらに、このほど三菱化学株式会社が鹿島コンビナートにおいてエチレンの生産を再開したことを受け、鹿島塩ビモノマー株式会社が521日より塩化ビニルモノマーの生産を再開いたしました。弊社としましては、生産の安全性と安定性を確認した後に、鹿島工場での一般グレード品の生産を5月末より開始する見込みです。

需要家の皆様には、弊社事業を取り巻くたいへん厳しい状況をご理解いただき、値上げをご了解いただけるよう努めてまいります。

标签:
日本产业 信越集团

网友都在说

我有新看法:

查看全部回复【已有0位网友发表了看法】
发表评论
网友评论仅供网友表达个人看法,并不表明本网同意其观点或证实其描述。 换一张

   日本通微信