欢迎来到日本通

日本通 > 日本经济 > 日本生活用品・日本食品 > 日本丸红与西班牙Ebro Foods公司建立合作关系

日本丸红与西班牙Ebro Foods公司建立合作关系

2011-09-19 14:19:23 来源: 日本丸红株式会社   跟帖 0 字号: T / T 
  • 摘要:据报道,日本丸红公司与西班牙Ebro Foods公司签订协议并建立了业务合作关系,主要包括在柬埔寨开展水稻种植研究及扩大欧美、北非的大米销售市场。

欧州最大の精米販売企業EBRO FOODS SA社との提携意向書締結に関する件

丸紅株式会社(以下、丸紅)は、欧州最大の精米販売企業であるEBRO FOODS SA社(以下、EBRO社)と、カンボジアを中心とする長粒種の産地開発、欧州・米国・北アフリカ等での長・中粒種の販売拡大についての提携意向書を締結することで合意致しました。

EBRO社は2001年に設立され、スペイン・マドリッドに本社を置き、年間1.5百万トンの販売量を持つ欧州最大の精米販売企業です。全世界に60以上のブランドを持ち、欧州全域・米国・カナダ・アジア・アフリカを主要マーケットとし、世界23カ国に拠点を有します。本国スペインに7工場、欧州各国に7工場、他米国、エジプト、モロッコ、ウルグアイ、タイにも精米工場を保有しています。米の主なブランドとしては、MINUTE RIVIANA等があります。また、EBRO社は米以外にパスタビジネスを世界中で展開しており、フランス、ドイツ、北米でシェアNo.1を誇っています。世界最大のオリーブオイル企業であるGrupoSOS社にも出資し、食品関連での業容を拡大しています。

カンボジアを中心としたアジアにおいて、世界の米需要の主流である長粒種の輸出基地構築を目指す当社と、主要米産地であるアジアに産地確保を模索しているEBRO社が組むことで、拡大する米需要の取り込みに相乗効果を発揮出来ること、欧州No.1総合食品会社であるEBRO社と、食糧・食品を総合的に扱う当社とでシナジーが期待出来ることから、今回の両社の提携合意に至りました。

丸紅は、現在遂行中である中期経営計画「SG-12」において、穀物・流通・トレード分野を重点分野と位置付け、今後世界的に需要拡大が予想される米の供給基地をアジアに確保することを目指しています。今回、EBRO 社と組むことにより、アジアからEU、北米等への販売能力を拡大するとともに、生産基盤の強化をより一層推進していきます。

标签:
产业资讯 日本丸红 水稻种植 西班牙Ebro Foods

   日本通微信