欢迎来到日本通

日本通 > 日本经济 > 日本运输 > 京浜电车明年将采用LED灯 年间可减少2.7吨CO2

京浜电车明年将采用LED灯 年间可减少2.7吨CO2

2011-12-13 16:45:58 来源: 日本通   跟帖 0 字号: T / T 
  • 摘要:京浜特快电车将于明年3月份投入使用的新型列车车厢内将采用LED灯照明,较现有荧光灯一年可节省30%电力及减少2.7吨二氧化碳排放量。

京浜急行電鉄は12日、来年春に導入される新造車両から、電車の客室内にLED(発光ダイオード)照明を採用することを発表した。

同社は200912月より、2100形、2000形、新1000形の一部車両でLED照明の本格採用に向けた試験を行ってきた。鉄道車両に求められる火災対策基準の適合も確認したことから、試験結果を踏まえて正式に客室内にLED照明が採用されることに。来年3月より運転開始する新1000形の新造車両(6両編成)に導入され、客室内の照明(灯具数104)がすべてLED照明に変更される。

これにより、従来の蛍光灯を使用した車両と比べて、消費電力が約3割削減され、1年間でCO2が約2.7トン削減されることに。ブナの木のCO2吸収量に換算すると、約250本分に相当するという。同社は2012年度以降の新造車両についてもLED照明を採用する予定としている。

标签:
产业资讯 京浜电车 日本电车

网友都在说

我有新看法:

查看全部回复【已有0位网友发表了看法】
发表评论
网友评论仅供网友表达个人看法,并不表明本网同意其观点或证实其描述。 换一张

   日本通微信