欢迎来到日本通

日本通 > 日本经济 > 日本通信・日本IT > 东京电力数据中心子公司正式决定转卖

东京电力数据中心子公司正式决定转卖

2011-12-19 17:31:43 来源: 日本通   跟帖 0 字号: T / T 
  • 摘要:东京电力公司发表消息表示,该公司在日本国内拥有的数据中心正式决定转卖,预计转卖金额将在500亿~1000亿日元之间。

東京電力が、国内有数のデータセンターを保有する有力子会社の売却を決め入札手続きを始めたことが17日、わかった。

東電は年度内売却を目指しており、KDDIや楽天、富士通、日立製作所、NECなどが、買収に前向きという。最終的な売却額は最低でも500億円超とみられ、1000億円規模になる可能性もある。東電は福島第一原子力発電所の賠償資金を捻出する。

東電が売却手続きを始めたのは、「アット東京」(東京都中央区)で、世界最大級とされる総床面積14万平方メートルのデータセンターなど、都内5か所に拠点を持つ。金融機関のデータなどを預かったり、企業のサーバーの管理運用などを手がけている。2000年に東電がグループ企業などと共同で設立した。東電本体が約81%、グループ会社が3%の株式を保有している。資本金は133億7850万円で、11年3月期の売上高は約250億円、経常利益は約50億円だった。

标签:
东京电力 产业资讯 数据中心

网友都在说

我有新看法:

查看全部回复【已有0位网友发表了看法】
发表评论
网友评论仅供网友表达个人看法,并不表明本网同意其观点或证实其描述。 换一张

   日本通微信