欢迎来到日本通

日本通 > 日本经济 > 日本通信・日本IT > 江苏亨通将收购古河电工西安子公司49%的股权

江苏亨通将收购古河电工西安子公司49%的股权

2011-12-28 16:00:48 来源: 古河电工官网   跟帖 0 字号: T / T 
  • 摘要:28日,日本古河电工与中国江苏亨通光电签订协议,将向后者出售西安子公司49%的股权,古河将借此拓展中国市场的光缆业务。

古河西安の合弁化に関する契約締結について

当社と江蘇亨通光電股份有限公司(以下、ヘントン社)は、中国西安市にある当社100%子会社の光ファイバケーブル製造販売会社 古河電工(西安)光通信有限公司の当社持分のうち、49%をヘントン社が買取ることで合意し、12月28日に持分譲渡契約、合弁契約書への調印式を行います。

当社は、昨年11月にヘントン社と当社100%子会社の米OFS社との間で光ファイバ母材製造工場を中国江蘇省呉江市に設立しました。今回、光ファイバ母材の合弁に加え、西安の光ファイバケーブル事業も中国ケーブル大手のヘントン社との合弁事業として行うことにより、世界最大市場である中国における当社の光ファイバケーブル事業の基盤固めをはかります。

今後も更なる拡大が期待される中国の光ファイバケーブル市場において、ヘントン社の持つ幅広い顧客基盤やコスト競争力と、日本や欧米のFTTHマーケットで実績をもつ当社の高付加価値ファイバケーブル技術との融合により、市場競争力を強化し、事業拡大を図ります。

标签:
中国市场 产业资讯 古河电工 亨通光电

网友都在说

我有新看法:

查看全部回复【已有0位网友发表了看法】
发表评论
网友评论仅供网友表达个人看法,并不表明本网同意其观点或证实其描述。 换一张

   日本通微信