欢迎来到日本通

日本通 > 日本经济 > 日本材料・日本能源 > 弥补电力不足 夏普等电器厂商推进太阳能发电制度

弥补电力不足 夏普等电器厂商推进太阳能发电制度

2012-03-13 08:34:10 来源: 日本通   跟帖 0 字号: T / T 
  • 摘要:东日本大地震发生后,随着日本境内核电站逐渐停止造成电力的供应情况陷入严峻局面,夏普及松下等电器厂商开始大力推行大规模太阳能发电站的建设计划。

東日本大震災に伴う原子力発電所の相次ぐ停止を受け、シャープなど大手電機メーカーによる大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設・供給計画が活発化している。メガソーラーの1基当たりの出力は原発の千分の1~数百分の1程度だが、土地があれば数カ月で建設できる。7月に始まる再生可能エネルギーの全量買い取り制度を追い風に、関連ビジネスの拡大と電力不足回避を目指す取り組みが本格化している。

「再生可能エネルギーの買い取り制度が、すごい勢いで需要を誘導する」

シャープの片山幹雄社長はメガソーラー事業の拡大にこう意気込む。

同社は栃木県や北海道、大阪・堺市などでメガソーラーの建設・運営計画を進め、今年7月の稼働を目指している。これまで家庭向け太陽電池を主力に位置付けてきた電機メーカーが、独自に太陽光発電所の運営に乗り出すのは異例だ。

栃木県矢板市の産業団地(6・8万平方メートル)で出力2千キロワットのメガソーラーを設置。堺市でも検討しているほか、北海道の北見市や湧別町でも各約1500キロワットを計画している。

電機各社にとってメガソーラーは、発電した電力を電力会社の送電網に送れるよう変換する装置など周辺設備の納入や、設計や設置工事、補修などシステム単位での収益拡大が見込める。「家庭用と違い一度に大量に売れ、設置後も継続的にビジネスが続く」(大手電機幹部)として期待が集まる。

メガソーラーへの太陽電池の供給にも力を入れる。京セラはソフトバンクが運営を計画する京都府初のメガソーラー(出力4200キロワット)に供給する予定だ。

パナソニックも、建築資材メーカーの太陽セメント工業(大阪市福島区)が建設するメガソーラーに太陽電池を納入する。兵庫県加西市と加東市にまたがる太陽セメントの所有地に、出力約3500キロワットの発電所を設置する。

三菱電機は新潟県阿賀野市の県営のメガソーラーと、長野県飯田市の中部電力のメガソーラー(出力各千キロワット)に太陽電池を供給し、昨年11月に稼働した。

りそな総合研究所の荒木秀之主任研究員はメガソーラー事業について「買い取り価格が決まれば、さらに需要が増える可能性がある。電機メーカーにとっては継続的な収益モデルにつながる」と指摘している。

网友都在说

我有新看法:

查看全部回复【已有0位网友发表了看法】
发表评论
网友评论仅供网友表达个人看法,并不表明本网同意其观点或证实其描述。 换一张

   日本通微信