欢迎来到日本通

日本通 > 日本新闻 > 日本体育新闻 > 《海豚湾》日本越禁越热 抗议声中艰难上映

《海豚湾》日本越禁越热 抗议声中艰难上映

2010-07-12 14:15:27 来源:    跟帖 0 字号: T / T 

日语新闻:

日本の和歌山県太地町は、風光明媚な美しい港町だ。ここはしかし、「イルカ惨殺の町」でもあり、毎年約23千頭のイルカが地元の漁師に捕殺されている。 ドキュメンタリー映画「ザコーヴ」の生々しいイルカ捕シーンは、日本での抗議運動を巻き起こした。3日、紆余曲折を経て日本での上映がついにスタートした。

「ザコーヴ」 は隠し撮りの手法を使って、十数隻の漁船がイルカの大群を入り江に追い込み、漁師達が鉄の棒でイルカを叩き殺すという血なまぐさいシーンが撮影された。撮影チームは、ビデオカメラを岩陰に隠して撮影を進めた。

テーマが敏感であるだけに、撮影開始当初から様々な妨害に遭った。映画の製作配給に圧力をかける個人や団体途絶えることはなかった。地元の漁師は、イルカを捕獲した後は、「供養塔を建てイルカを供養している」 、「決して虐殺ではない」と釈明した。また町長は「ここには昔から、イルカを捕って食べるという伝統文化がある。外部の人間は、その土地の食文化を理解し、尊重すべきだ」と主張する。

「ザコーヴ」の上映がスタートしたことについて、映画配給会社は、「鑑賞後、作品が発すメッセージについて考えてもらう場を観客に提供したい」とコメントした。

相关中文新闻:

海豚湾,说的是日本本州岛纪伊半岛南端和歌山县,一个叫太地町的海湾。太地町海湾有丰富的鱼类资源,因此每年秋天,都有成千上万条海豚聚集在太地町附近的海域。早在17世纪,这里的人们就开始捕杀海豚和鲸类,当地渔民把捕杀海豚作为谋生之道。直到今天,捕捞海豚和小型鲸类仍然是当地渔民的主要收入来源。

在太地町,关于海豚的交易和屠宰,是半公开的秘密。长久以来,当地渔民已练就一套专门捕杀海豚的方法。每年9月到次年3月,在日本太地町海湾,都重复上演着血腥的大屠杀。进入新世纪,很多国外环保主义者每年都会聚集到这里,反对捕杀鲸类和海豚。然而当地的日本人对此熟视无睹。

《海豚湾》由美国环保人士理查德·奥巴瑞执导、一群环保人士冒着生命危险协助拍摄。影片采用偷拍的手法记录了和歌山县太地町大规模屠杀海豚的血腥场景,并荣获今年的奥斯卡奖。该片遭到了日本当地政府和渔协的强烈抗议。

《海豚湾》原定于626在东京上映,结果很多影院因为抗议活动取消放映计划,影片在东京地区被封杀,此举引起了国内外广泛批判。

标签:
电影 海豚湾 捕杀 争议

网友都在说

我有新看法:

查看全部回复【已有0位网友发表了看法】
发表评论
网友评论仅供网友表达个人看法,并不表明本网同意其观点或证实其描述。 换一张

   日本通微信