欢迎来到日本通

日本通 > 日本经济 > 日本生活用品・日本食品 > 中外制药就免疫抑制剂“セルセプト”提出公开告知申请

中外制药就免疫抑制剂“セルセプト”提出公开告知申请

2011-05-19 14:16:55 来源:    跟帖 0 字号: T / T 

免疫抑制剤「セルセプト®

「腎移植における拒絶反応の抑制に対する小児用法・用量の追加」

について公知申請

中外製薬株式会社[本社:東京都中央区/社長:永山 治](以下、中外製薬)は、「腎移植後の難治性拒絶反応の治療」、「腎移植、心移植、肝移植、肺移植、膵移植における拒絶反応の抑制」を効能効果として販売を行っている免疫抑制剤ミコフェノール酸 モフェチルカプセル[(販売名『セルセプト®カプセル250』、以下、「セルセプト®」)]について、「腎移植における拒絶反応の抑制に対する小児用法用量の追加」の公知申請を516日に厚生労働省に行いましたのでお知らせいたします。

「セルセプト®」は、418日に開催されました「医療上の必要性の高い未承認薬適応外薬検討会議*」において、本用法用量について公知申請に該当すると評価されました。今回の公知申請は、427日に開催された薬事食品衛生審議会医薬品第一部会において、「腎移植における拒絶反応の抑制に対する小児用法用量の追加」に対し、公知申請を行って差し支えないと決定されたことに基づくものです。

中外製薬が販売している「セルセプト®」は、すでに欧米で小児腎移植における拒絶反応の抑制が承認され、標準的治療の一つとして広く用いられています。

中外製薬は、「セルセプト®」がアンメットメディカルニーズの高い「腎移植における拒絶反応の抑制に対する小児用法用量」を有する薬剤として、患者さんに迅速に提供できるよう早期承認に向けて取り組んで参ります。

*「医療上の必要性の高い未承認薬適応外薬検討会議」は「欧米では使用が認められているが、国内では承認されていない医薬品や適応について、医療上の必要性を評価するとともに、公知申請への該当性や、承認申請のために追加で実施が必要な試験の妥当性を確認すること等により、製薬企業による未承認薬適応外薬の開発促進に資すること」を目的として設置されたものです。

标签:
中外制药 日本产业

网友都在说

我有新看法:

查看全部回复【已有0位网友发表了看法】
发表评论
网友评论仅供网友表达个人看法,并不表明本网同意其观点或证实其描述。 换一张

   日本通微信