欢迎来到日本通

日本通 > 日本新闻 > 日本体育新闻 > 日本国立西洋美术馆本馆再次落选世界遗产

日本国立西洋美术馆本馆再次落选世界遗产

2011-06-29 08:50:32 来源: 日本通   跟帖 1 字号: T / T 
  • 摘要:位于东京上野公园的“国立西洋美术馆”继2009年第33届世界遗产大会后再次遗憾落选世界遗产。

日本国立西洋美术馆

在法国巴黎举行召开的联合国教科文组织的世界遗产委员会上,位于东京上野公园的“国立西洋美术馆”再次遗憾落选世界遗产。

国立西洋美术馆是由法国现代建筑大师科布西埃(18871965)设计,是一座钢筋混泥土造的地上三楼、地下一楼建筑。该馆建于1959年,用来存放战后法国政府归还的扣押绘画。

法国官方曾将科布西埃所设计的22件、分布于6个国家的作品进行捆绑,以“科布西埃的建筑与都市设计”为题,进行世界文化遗产的申请。但在第33届世界遗产大会因“对于显著的普遍价值证明不足”落选世界遗产。

图片来源每日新闻

标签:
上野公园 世界遗产 日本国立西洋美术馆 日本文化

网友都在说

日本通网友 [长曾祢虎徹]
发表于 2011-12-23 15:06:42
真正的世界文化遺產: 新撰組局長近藤勇の斬殺剣 虎徹、本物を描ければ古今稀なる名作、作品は古今東西を問わず美術工芸品として第一級の評価、日本国指定の文化財(国宝・重要文化財・重要美術品)刃の長い45.75センチメートル. 虎徹 江戸時代を代表する刀工であろう。長曽祢興里(おきさと)、もともと 越前国福井の甲冑鍛冶師であったが、自ら鍛えた当代随一の兜を一刀にして断ち切ることのできる日本刀を鍛えるべく、病床にある妻とともに江戸にでる。入道して古鉄、虎徹と称す。とくに切れ味の鋭いことでは全刀工中第一といわれ、江戸時代の刀剣書に高く評価されている。実際に「三ッ胴截断」「二ッ胴切落」「石灯籠切」などと切れ味を誇る添銘した作が数多く現存しているそうだ. 長曽禰虎徹(ながそねこてつ)。 新撰組、近藤勇の愛刀がこの虎徹だったという説があるのでも有名。最上大業物の一つでもある。をつかっていたといわれる人物で、有名なのは新撰組近藤勇だろうか。「今宵の虎徹(こてつ)は血に飢えている. 聡明で、宇宙飛行学はもとより、惑星学、文明人類学、建築学、医学、心理学までおさめていたというから、成績はすれすれで学校を出た虎徹など恐れ入ってしまう。 金星人 ...因みにイギリスの大学で社会人類学を、アメリカの大学で神学を修めており物理学専攻の虎徹さんなんてっ! 近藤勇の愛刀 虎徹URL:http://t.cn/ae8TjH

我有新看法:

查看全部回复【已有1位网友发表了看法】
发表评论
网友评论仅供网友表达个人看法,并不表明本网同意其观点或证实其描述。 换一张

   日本通微信